目に関する役立つ情報のほか、モデルやブロガー愛用のカラコンなども紹介!あなたの瞳をトータルサポート

menu

EYE美人

ARCHIVE2013年 10月

ロデオからワンデー登場!割引クーポンでさらにお得!

Rodeo(ロデオ)の中で一番売れているピンキーデビルから待望のワンデーカラコンが遂に発売! ここまでサイズが大きくて発色良く盛れるワンデーカラコンはなかなか探してもないのでは? フチもクッキリついているのでデカ目効果抜…

老眼(老視)とは?

遠くは見えるけれど近くが見えにくくなるのが老視(老眼)です。 40歳代のはじめから、そろそろ始まります。 「近視があると老眼にならない」とよくいわれますが、それはまちがいです。 「私は、軽い近視があるが、50歳を越えてもメガネをは…

近視・遠視・乱視

近視は、近くを見るのに都合のよい目で、遠視は、近くよりは遠くのほうが見やすい目です。 また、乱視の人はハードレンズがよいと信じられています。 たしかに乱視のうち75パーセントを占める直乱視の人はハードレンズがよいのですが、倒乱視・斜乱視…

正常な目とは?

正常な目とはなんでしょうか? 「病気のない正視」が正常な目といってよいでしょう。 コンタクトレンズを購入する際は、眼科で診察を受けて、目に病気がないことを確かめてもらいましょう。 最近は、都会の小中学生をみると近視の子供のほうが多…

涙の役割

涙は、目の表面を守る役割を果たしています。 異物を洗い流したり、細菌をやっつける作用ももち、栄養を運ぶ役目もします。 そして、コンタクトレンズを装用している目では、酸素の運搬とレンズを動きやすくするという重要な役割を果たしています。 …

虹彩について

虹彩はカメラでは絞りにあたる部分です。 明るいところでは瞳(学術名は瞳孔)が縮まりまぶしさを抑え、暗いところでは瞳を広げて多くの情報を得ようとします。 1995年3月に東京でおきた地下鉄サリン事件で、神経に作用し瞳が収縮する症状がみ…

網膜について

目の玉(眼球)の壁は、角膜の部分以外は3層構造からなっています。 外側から、強膜、脈絡膜、網膜の3層です。 網膜には多数の視細胞が並んでいて、見えた情報を、視神経を通して脳へ伝えます。 網膜が脈絡膜からはがれることを、網膜剥離とよびま…

水晶体について

水晶体は角膜と同じく透明な組織で、遠いものを見るときや近いものを見るときには厚さを変えて、網膜にピントを合わせます。 この作用を調節機能といいます。子どもがファミコンばかりしていて調節作用がにぶくなった状態を、調節緊張や仮性近視とよびます…

角膜について

角膜は、目のいちばん外側にある厚さ0.5~1ミリメートル、直径が11~12ミリメートルほどの透明な膜で、異物などから目を守るとともに、光を屈折させる(光の方向を曲げる)働きももちます。 まっすぐ進んできた光を網膜の一点にピントを合わせるた…

目の仕組みとコンタクトレンズ

コンタクトレンズは、角膜の上に涙をクッションにして浮いていて、まばたきのたびに動いてレンズ下の涙を交換しています。 コンタクトレンズを使用しているときにもっとも問題になるのが、角膜の酸素不足です。 私たちの目はどのようなしくみになっ…

さらに記事を表示する

カレンダー

2013年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031