目に関する役立つ情報のほか、モデルやブロガー愛用のカラコンなども紹介!あなたの瞳をトータルサポート

menu

EYE美人

角膜について

角膜は、目のいちばん外側にある厚さ0.5~1ミリメートル、直径が11~12ミリメートルほどの透明な膜で、異物などから目を守るとともに、光を屈折させる(光の方向を曲げる)働きももちます。
まっすぐ進んできた光を網膜の一点にピントを合わせるために、角膜でまず屈折させるのです。
コンタクトレンズは、この角膜の表面にのるわけですので、光学的にメガネより自然に見えるのです。

角膜は、5つの層に分かれています。
外側から、上皮、ボーマン膜、実質、デスメ膜、内皮の順番で、90パーセント以上の厚さを占めるのが実質です。
実質は、コラーゲン線維が規則正しく並んでおり、そのなかに角膜実質細胞が散在しています。
上皮は、上皮細胞とよばれる細胞が5層から7層積み重なっており、皮膚と同じように新陳代謝を行い、基底細胞とよばれる最下層の細胞が表面に出ていき、はがれ落ちます。
このようにして、―週間ほどで表層の上皮はすべていれかわり、皮膚に傷ができた場合、自然に治るように、角膜に傷ができても同じように治すメカニズムが存在するのです。

また、上皮細胞の表面には細かい突起(マイクロビライ)があり、涙の成分のひとつであるムチンとからみ合って、涙をはじかないような構造になっています。
コンタクトレンズで目に傷ができていますよといわれたときは、この上皮細胞がはがれている状態です。
上皮細胞のあいだには、知覚神経(痛みなどを感じる神経)が走っており、上皮がはがれると痛みを感じるわけです。

つぎに内皮細胞の話をします。
10年ほど前、内皮細胞に眼科医が注目し、研究がおおいに進みました。
スペキュラーマイクロスコープという機械が普及し、内皮細胞の写真が撮れるようになったからです。
内皮細胞は、1層で、その細胞のひとつひとつは正六角形をしており、蜂の巣状に整然と規則正しく並んでいます。
困ったことに、人間の場合、内皮細胞は再生や増殖をしないため、生まれたときの細胞が一生のあいだ生きていかなければなりません。
内皮細胞は年をとるほど、数が減っていくことが知られています。
したがって、酸素不足などで内皮細胞が障害を受けると、内皮細胞の数が徐々に減少してきます。

また、角膜実質には栄養を送るために研がが入ってくるのですが、内皮細胞は、それをくみ出すという重要な働きをしています。
内皮細胞の数が少なくなると、透明な角膜がふやけて不透明になり視力を失うことになります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事