目に関する役立つ情報のほか、モデルやブロガー愛用のカラコンなども紹介!あなたの瞳をトータルサポート

menu

EYE美人

水晶体について

水晶体は角膜と同じく透明な組織で、遠いものを見るときや近いものを見るときには厚さを変えて、網膜にピントを合わせます。
この作用を調節機能といいます。子どもがファミコンばかりしていて調節作用がにぶくなった状態を、調節緊張や仮性近視とよびますが、目を休めると、調節作用は回復します。

一方、老眼の場合は、老化現象で水晶体自体が硬くなったため、調節の幅が狭くなり、近くが見えにくくなります。
この場合は、老眼鏡をかけなければ近くが見えません。
白内障も老化現象のひとつで、水晶体が濁ってきて見えにくくなる病気で、混濁が強くなると手術をして、混濁した水晶体を取り除き、人工の水晶体を挿入しなければなりません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事