目に関する役立つ情報のほか、モデルやブロガー愛用のカラコンなども紹介!あなたの瞳をトータルサポート

menu

EYE美人

老眼(老視)とは?

遠くは見えるけれど近くが見えにくくなるのが老視(老眼)です。
40歳代のはじめから、そろそろ始まります。
「近視があると老眼にならない」とよくいわれますが、それはまちがいです。

「私は、軽い近視があるが、50歳を越えてもメガネをはずすと近くはよく見えるので、老視(老眼)ではない」とおっしやる人が多いのですが、老視についての正しい知識が必要なようです。

正視の人が老視になるとどのようになるか?

老視は、水晶体が硬くなり、ピントを合わせる調節力が低下してきます。
遠くはピントが合いますが、水晶体の厚みを変えられず、近くのものにはピントが合いません。
40歳を過ぎて、新聞などを読むときに少し離したくなるとそろそろ老視が始まっています。

軽い近視の人の場合

遠くにピントが合わないためメガネが必要であり、近くを見るときはピントが合っているのです。
これが最初に示した例にあたります。

強い近視の人の場合

遠くも近くもピントが合わず、遠く用のメガネと近く用のメガネ(あるいは遠近両用のメガネ)が必要になってくるわけです。

コンタクトレンズを使っているが、老視が始まつたらどうすればよいか?

メガネのようにコンタクトレンズをはずしたりつけたりは面倒ですので、コンタクトレンズの上から、老眼鏡をかけるのがふつうです。
コンタクトレンズにもバイフォーカル・コンタクトレンズとよばれる遠近両用のレンズがあり、それでうまくいく場合もあります。
また、老眼鏡がいやな人はモノビジョンという方法があります。

コンタクトレンズの度数を片目は近くにピントが合うようにして、反対の目は遠くにピントが合うようにするのがそれです。
立体感が少しなくなるので車を運転する人には不向きですが、コンタクトレンズの上から老眼鏡をかけたりはずしたりしなくてよいので、初期の老眼にはとくにおすすめしたい方法です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事