目に関する役立つ情報のほか、モデルやブロガー愛用のカラコンなども紹介!あなたの瞳をトータルサポート

menu

EYE美人

CATEGORY目もとケア

意外な盲点は細菌の温床になるレンズケースの汚れ

コンタクトレンズを安全に使いこなすコツは、手入れです。 手入れを怠ったためにアレルギー性結膜炎になる人がふえています。 アレルギー性結膜炎とは、コンタクトレンズに付着したたんぱく質にアレルギー反応が生じて起こる結膜炎です。 目のかゆみ…

目ヤニは生理食塩水の洗眼で撃退

角膜や緋副(角膜を保護する薄い角い膜)は日々新しく作られ、古くなると皮膚と同じように順次はがれ落ちていきます。 それらの残骸や目に入ったゴミなどを洗い流しているのが涙です。 目ヤニは、この涙の働きがなんらかの理由で悪くなり、流れずに残っ…

「ものもらい」について

ものもらいは、まつげの毛包(毛の根もとにある組織)やまぶたにある皮脂腺(脂を分泌するところ)に細菌が感染して起こる場合と、皮脂腺が詰まって分泌物がたまり、 周囲に炎症性肉芽腫が生じて起こる場合があります。 (さらに…)…

目のクマに効く成分

目のクマの原因はさまざまですが、最も多いのは血流が悪いためにうっ血し、黒くくすんだように見えてしまう状態です。 私たちの肌色は、血行のよしあしで決まります。 血行がいいと皮膚に栄養が行き渡り、細胞が活性化していきいきと輝きだします。 (…

良質のたんぱく質とビタミンA・Cこそきれいな瞳の栄養源

潤んだ瞳は、女性のチャームポイント。 潤んだ瞳のパワーは絶大のようで、すっかり魅せられてしまう男性は少なくないようです。 潤んだ瞳というのは、結膜(角膜を保護する薄い膜)や角膜の表面に水分がじゅうぶんにあり、細胞に炎症が起きていない…

白目がクッキリきれいになる方法

皆さんの目は澄んでいますか。 なんとなく濁ったり、黄ばんだりしていませんか。 実は意外に多いのが、黒目と白目の境がはっきりしない人です。 結膜(角膜を保護する薄い膜)の組織の老化によって白目が濁ったり、結膜に色素が沈着して黒目の輪郭が…

美しい目を簡単に演出できるアイメイク術

女性たちからよく受ける質問が、「美しい目にするにはどうしたらいいでしよう」というものです。 こんなとき私は、いつも次のように答えています。 「大事なことは、あなたの生き方です。 ほんとうの自分を見つけ、やりたいことや目標があっ…

ドライアイについて

目の表面は常に涙で覆われており、目に潤いを与えたり酸素や栄養を補給したりするなどの重要な働きをしています。 この涙の量がへる症状をドライアイといいます。 放置しておくと、疲れ目だけでなく、視力低下も招きます。 (さらに…)…

薬局で買える医療用ばんそうこうの活用で垂れ下がり症状が改善

眼瞼下垂とは、上まぶたが垂れ下がり、思うように上がらない状態をいいます。 まぶたの上げ下げを行っているのは、まぶたの裏側にある眼瞼挙筋という筋肉ですが、この筋肉からは腱膜という薄い膜が出ています。 この腱膜は瞼板(まぶたの縁にある硬い部…

まつげの悩みについて

長くてツヤやかで、クルッと長カールしたまつ毛は、あこがれの的。 美しく印象的な目もとを作るため、女性の皆さんは、日夜、アイシャドーやアイライナー、マスカラなどを駆使して努力されていることでしょう。 ただし、アイメイクに欠かせないこれらの…

さらに記事を表示する

カレンダー

2017年8月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031