目に関する役立つ情報のほか、モデルやブロガー愛用のカラコンなども紹介!あなたの瞳をトータルサポート

menu

EYE美人

美しい目を簡単に演出できるアイメイク術

女性たちからよく受ける質問が、「美しい目にするにはどうしたらいいでしよう」というものです。

こんなとき私は、いつも次のように答えています。

「大事なことは、あなたの生き方です。
ほんとうの自分を見つけ、やりたいことや目標があっていきいきとしている人は、例外なく輝くような美しい目をしています。
それは、お人形さんのような目とは違うものですよ」

この考えは、私か診察していて日々実感していることです。
「目は心の鏡」「目は口ほどに物を言う」と言いますが、まさにそのとおりで、心の状態や生き方一つで目の輝きが違ってくるから不思議です。
生きてきた年輪のような重さや深み、あるいは達成感、それらのものが入り混じった目の輝きに、人は魅了されるのだと思います。

もっと言えば、生き様です。私は美しい目にしたいと思う前に、もっと生き様に意識を持ってもらいたいと思います。

ただ、そうは言っても、メイクをしたり美容外科の治療を受けたりすることでコンプレックスがなくなり、美しい目がより引き立つこともあります。
その効果はもちろん否定しませんが、気になるのはそれらの方法だけに頼ってしまうことです。

大事なのは、生き方などの内面と、メイクに象徴される外面の両面からのアプローチによって、より魅力的な目を作ることではないでしょうか。

以上のことを念頭に置きながら、ここでご紹介した簡単なアイメイク術を試してみてください。

<h4>アイメイクのやり方</h4>

①洗顔して化粧水をたっぷりつけて保湿をしてから、ファンデーションをつける。
少し濃い目の色を選んだほうが、目が引き立つ。

②アイシャドーは流行しているパール入りのものより、茶色とかグレーのものを使ったほうが、日本人の場合は目が大きく見える。

③アイラインはしっかり引く。
日本人には黒か茶がよい。
どんなスーツにも合い、目が引き立つ。

④まゆは、一本一本丁寧に描くのが基本。
どこを山にするか考えすぎる人がいるが、自分のまゆのラインに沿って後ろに伸ばすようにすればよい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事